トップ > 注目コンテンツ > ルイボスティー 正しい淹れ方 > ルイボスティーの正しい淹れ方のポイント

ルイボスティーの正しい淹れ方のポイント

ルイボス茶葉をしっかり煮出すことがポイント

なんとなくルイボスティーはお湯を沸かしてカップに注いで茶葉を抽出して飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。実はそれだとルイボスティーの抗酸化作用がほとんど得られないんだそうです。

ルイボスティーの抗酸化作用が得られる正しい淹れ方とは、ルイボス茶葉を沸騰したお湯で5分以上煮出すことなんです。 紅茶のようにただティーバッグをカップに入れてお湯を注ぐだけではなく、煮出すことがポイントです。管理栄養士・岸村康代さんによると、煮出すことをしないと、抗酸化作用が全く得られていないことが研究でわかっているそうです。

また、山口県立大学・東海学園女子短期大学・愛知医科大学などの大学が研究した結果によると、15分以上煮出すことで、さらに強い抗酸化性を示すことがわかっているそうです。

なんとなく、ルイボスティーを入れている方。 一度正しい淹れ方を見直してみましょう。


ルイボス茶葉をしっかり煮出すことがポイント なんとなくルイボスティーはお湯を沸かしてカップに注いで茶葉を抽出して飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。