トップ > 試飲レビュー > エルバランシア 試飲レビュー > エルバランシア ルイボスティー 飲んでみました

エルバランシア ルイボスティー 飲んでみました

ルイボス茶葉のなかでも最高品質のグレードの【オーガニックスーパーグレード】の茶葉を使ったルイボスティー・エルバランシアを飲んでみました。全体のルイボス茶葉の中でもわずか1%しかない【オーガニックスーパーグレード】の茶葉を使った高品質のルイボスティーです。 なんと、エルバランシアのルイボス茶葉は、オーガニックの国際基準であるエコサート認証も取得している最高品質グレードの茶葉なんです。 茶葉に含まれている栄養素・有効成分の含有量も、一般的なルイボス茶葉と比べると多いんだそうです。 ルイボス茶葉の有効成分をしっかり摂取したい方にはおすすめのルイボスティーです。 こんなに高級な茶葉なら結構高いのでは?と思いますが、かなりお手頃な価格帯で購入できるのが嬉しいです。 ルイボス茶葉はティーバッグに入っています。 一般的なルイボスティーの場合、ティーバッグ1パックに2~3gの茶葉が入っていますが、エルバランシアのルイボスティーは、1パックに5gとたっぷりの茶葉が入っています。 一般的なルイボスティーよりも1パックに多くの茶葉が入っているので、実際に煮出してみると、一般的なルイボスティーよりも濃い色で煮出すことができます。 これだけ濃く茶葉を煮出すと、茶葉の渋味や苦味が強く感じるのではないかと思うかもしれませんが、エルバランシアのルイボスティーは渋味や苦味がなく美味しく飲むことができます。ルイボス茶葉独特の風味もかなり軽減されています。 これだけ濃いのに、渋味や苦味がなく美味しく飲むことができる理由は、新鮮な茶葉をパックに詰めているためです。 美味しく飲めて、有効成分もたっぷり摂取できるルイボスティー。しかもお手頃価格なのも嬉しいですね。 ノンカフェインなので、小さな子供・赤ちゃんにはもちろん、授乳中のママや妊婦さんでも安心して飲むことができます。 エルバランシアには、1箱に個包装されたルイボス茶葉パックが35個入っています。 1箱で1ヶ月たっぷり飲むことができます。 1つのパックの大きさは、手のひらにのるくらいの大きさ。 スーパーでよく売られている緑茶や麦茶のパックの大きさと同じくらいです。 この1パックに対して1リットルの水で煮出すことになります。 ルイボスティーを美味しく、かつ有効成分をしっかり煮出すには、煮出し方がポイントになります。 以下の煮出し方は間違いです。皆さんも間違った煮出し方をしていませんか。 ●パックをコップなどの容器に入れてお湯を注いで煮出すのを待つ ●水にパックを入れて、火をつけて沸騰したら煮出し終了 正しい煮出し方は、沸騰した100℃の熱湯でグツグツ弱火で煮出すこと! お湯を弱火にかけてグツグツ煮出すことで、ルイボス茶葉の成分がお湯の中に流れ出して、お湯の沸点が108℃まで上がります。 108℃まで上がったお湯で、さらに煮出すと、体内に吸収されやすい低分子の有効成分がしっかり抽出されるんです。 有効成分をしっかり抽出されるためには、沸騰後弱火で15~20分煮出すことがポイントです。 その後、飲みやすいように、茶葉のパックを入れたまま冷ますと、より一層成分が抽出されてよいんだそうです。 意外とルイボスティーを煮出すのって面倒で時間がかかるので、時間がある時に一気にまとめて作るのがおすすめです。 抽出したルイボスティーをホットで飲みたい時は電子レンジで温めて、アイスで飲みたい時は氷を入れて冷やして飲むというスタイルがラクなような気がします。 私も実際に、毎日常温で飲んでいますが、ルイボス独特のクセのある風味もなく、苦味や渋味もなく、すっきりとした飲みやすい味です。 ノンシュガーの紅茶のような味で、甘いスイーツはもちろん、普通の食事とも合うんです。特に脂っこい食事と一緒に飲むと、口の中がさっぱりとします。 ルイボスティーを飲み始めて、コーヒーを飲む回数も減ってきました。 コーヒーの飲み過ぎはいけないけど、ついつい飲み過ぎてしまっていましたが、ルイボスティーを飲み始めてからコーヒーを飲みすぎることがなくなりました。 ルイボスティーを煮出すのが面倒! でもルイボスの有効成分はしっかりとりたい! そんな方におすすめなのが、ルイボスティーと一緒についてくるルイボスのサプリメント。 1錠でペットボトル約1本分のルイボスティーと同じ程度の有効成分が凝縮されたサプリメントです。 忙しいなかルイボスティーを煮出すのが面倒な方やルイボスティーを飲むのが苦手という方におすすめです。
ルイボス茶葉のなかでも最高品質のグレードの【オーガニックスーパーグレード】の茶葉を使ったルイボスティー・エルバランシアを飲んでみました。全体のルイボス茶葉の中で